英語 勉強法 社会人

社会人が英語を喋れるようになる勉強法は?



社会人にとって英語が喋れるかどうかは、人生の岐路を大きく変更してしまいます。
ちょっと前なら、英語のできる分野とできない分野で職種もかなり明確に別れていましたが、今では街外れの飲食店にも外国人が来る時代ですか英語は必須です。

社会人としてはやはり英語が喋れるようになる勉強法を身に付ける必要が出てきています。
ではその社会人にとって効率の良い勉強法はあるのでしょうか?

実は文法などを覚えるよりも重要なのが、英語を聞き取る耳を鍛える勉強法です。
日本語と英語の周波数はまったく違うため、日本人には聞き取れない言葉がたくさんあります。
言語というのは、耳で聞くのが一番大切な勉強法ですから、たとえ簡単な単語でもそれが聞き取れなければ返事を返すこともできなくなります。

学生時代の英語はほとんどが受験英語ですから、文法などに力を入れていたはずです。
しかし社会人の英語は実用会話、つまり「英会話」が必要です。
極端な言い方をすれば、意味さえ正しく伝われば、文法が間違っていても問題はありません。
どんなに正しい文法で英語を話しても、相手に意味が正しく伝わらなければ無意味です。



もっと極端な言い方をすれば、単語の羅列だけでも十分だと言えます。
例えば少しだけ日本語ができる外国人が、「明日、アメリカ、来る」と言っても、「私は明日、アメリカへ帰ります。」と言いたいんだなと意味は分かります。

ところが、日本人が英語を話す時に頭の中で考える言葉は「私は明日の飛行機で、日本を離れてアメリカへと帰らなくてはなりません。」となって、それを英語に置き換えようとします。

受験英語の勉強法が生んだ最大の弊害です。

耳が英語の周波数を聞き分けることが出来るようになれば、相手の言葉が理解できるようになり、さらに聞き取れるということは同じ発音で喋ることも可能になってきます。
そうなれば英語も楽しくなって、単語も覚えるのが楽しくなるでしょう。

机上の勉強法で努力しても、実際のネイティブな英語を聞いて「聞き取れない」「意味が分からない」「話せない」「返事が伝わらない」とショックを受けた社会人も多いはず!

人間の耳は、鍛えることで対応力がついてきます。
例えばクラッシック音楽が苦手な人でも、毎日聞いているだけで徐々に耳が慣れてきて、指揮者やオーケストラによって、曲の良し悪しが物凄く違うことまで判別できるようになります。

英語も同じで、英会話の内容よりも、まずは聞き取れない部分を聞き取れるようになる勉強法を続ければ、今まで聞こえていなかった単語などが聞き取れるようになります。

最近では英語の周波数に対するCDや本などが出ていますから、それらを使った勉強法を取り入れながら単語を覚えていけば、社会人になった今でもまだまだ英語を習得することは可能です。

一度試してみる価値は十分にあると思いますよ!



おすすめはこちら!

↓↓↓↓↓


聞くだけで英語耳になれる!リスニングパワー


最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」


Yuki式英会話勉強法


5165


 

サイトマップ