ネイティブ・イングリッシュ 英会話

[ネイティブ・イングリッシュ]英会話が苦手な本当の原因



「日本人はネイティブ・イングリッシュや英会話が出来ない」、「苦手だ」とよく言われていますが、それは本当なのでしょうか?

答えはNOです!

苦手なのではなくて、そもそも日本語と英語の周波数が違うために聞き取れていないんです!
さらに母音の数や英会話に於ける脳の活動領域が違うことも原因になっています。


これは日本語や英語に限らず、世界中の言語には聞き取りやすい周波数や脳領域が有り、さらに母音の関係もあって、それに近い国民はその言語を習得しやすいということになります。

一般的に、日本語の周波数は125hz〜1500hzと言われ、英語の場合は2000hz〜12000hzと言われています。

交わる部分が多ければ、ネイティブ・イングリッシュも多少は出来るでしょうが、日本語と英語の周波数は全く交わっていません。
勿論、実際にはまったく聞こえていないわけではありませんが、聞き取りにくいのは事実でしょう。
ですから、日本人は聞き取れない周波数を頭の中で脳が勝手に「雑音」として処理してしまいます。



脳領域に関してもアメリカ人の英会話は「右脳」の活性化が多いのに対して、日本人は「左脳」の活性化が多いと言われています。
「左脳」は思考・論理・言語などの領域で、情報処理能力は右脳の百万分の一とも言われていますから、左脳で聞き取った音が判別できない時には、脳がそれに近い音に置き換えて認識するようにできています。
日本人が「L」と「R」を区別できないのもこれが原因の一つです。

お隣の国の人は、「日本人は英語が下手だ!」とか、「英会話やネイティブ・イングリッシュが喋れない」とか言って日本人をバカにしていますが、お隣の国の言語は周波数や脳領域、母音が日本語よりも比較的英語に近いから得意なのかもしれませんね。

その証拠に、お隣の国の人は日本語の小さい「っ」や「ザジズゼゾ」などが上手く聞き取れていません。
ですから「わたチはあニャたのことカ、チュキタカラ、ケコンちてくタさい。」になってしまいます。
つまりお互い様ということです。
ただ日本人の場合は、悲しいことに世界共通語である英語に対して不向きなことが不幸だといえるでしょう。

聞くだけで英語耳になれる!リスニングパワー


最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」


Yuki式英会話勉強法



ネイティブ・イングリッシュの「ネイティブ」とは、母国語を英語で話している人達のことですから、日本のように学校で文法などを中心にした受験英語を習っている国民では、本場の英会話など成り立ちません。
そもそも聞き取れていないんですから、英会話にすらなりません。
ではそんな日本人にネイティブ・イングリッシュを習得することや、何不自由無く英会話を楽しむことは無理なんでしょうか?

これも答えはNOです!

なぜなら、聞き取れない周波数の言葉を聞き取れるようになれば解決するからです!

脳領域や母音などは、ネイティブ・イングリッシュが聞き取れさえすれば徐々に使えるようになります。
その理由は、言葉というのは耳で聞いて覚えるからです。
よちよち歩きの子供がお父さんやお母さんの言葉を聞いて、少しずつ喋れるようになるのと同じです。
逆に耳の不自由な方が、声は出せるのに上手く喋ることができないのも、耳からの情報が無いからです。

この周波数の判別は、大人よりも子供の方が対応しやすいと言われていますが、大人でも毎日ネイティブ・イングリッシュの正しい周波数を聞くことで、徐々に判別できるようになります。
ネイティブ・イングリッシュの周波数を認識できなかった脳内が、徐々にネットワークで結ばれていけば判別は勿論、右脳を活性化させることもできるようになります。
英語の周波数を理解できれば、その時点で母音の問題もほとんど解決です。

日本人が苦手だと言われてきた英語ですが、ネイティブ・イングリッシュで英会話することも決して難しいことではありませんよ!

おすすめはこちら!

↓↓↓↓↓


聞くだけで英語耳になれる!リスニングパワー



最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」



Yuki式英会話勉強法


 

サイトマップ

シアワセな人生を過ごすための情報リンク集大学受験に関するリンク集仕事をスピーディーにこなすコツリンク集